マッサージ師・男性

マッサージ師・男性

野球選手をはじめ運動選手がトレーナーにマッサージを受けているシーンをテレビなどでよく目にすることがあります。そうした選手が男性であれ、女性であれ、ケアにあたるトレーナーは圧倒的に男性が多いようです。やはりスポーツ選手のマッサージには力がいり、その点女性の仕事としては 難しさがあるからなのでしょうか。強い力の男性でなければ効果のあるマッサージができないのでしょうか。では一般人のマッサージはどうでしょうか。

 

スポーツ選手ほど筋肉を使うこともないでしょから、マッサージにもそれほど強い力は必要ないでしょう。したがって女性のマッサージでじゅうぶん間に合うのです。でも中には力の強い男性マッサージ師を求める人もいるようです。そうした人はいつも強いマッサージを求めるのが習慣になっていて、女性では物足りなく感じるのに違いありません。【男性マッサージ師はツボをよく知っている】一昔前ならマッサージを受ける人といえば高齢者か、もし若い人の場合でも圧倒的に男性が多く、若い女性などいなかったのではないでしょうか。しかし今は事情が違います。

 

マッサージ師のことを「ボディセラピスト」と呼ぶようになったころから女性客が急激に増えてきました。セラピーで体を揉み崩してほしいという若い女性客が多いのが当世のマッサージ事情だともいえます。こうした状況で気を使うようになったのが男性マッサージ師です。客が若い女性だと、体を触れるには気を使います。触れ方、触れる場所次第では興味本位と勘違いされ兼ねないからです。したがって客が若い女性だと、触る場所とか、触り方にばかり注意するため、そのことに神経を使って、せっかく磨いたマッサージの技術がじゅうぶん発揮されないこともあるのではないでしょうか。