マッサージ師・ボディセラピスト

マッサージ師・ボディセラピスト

いまだに「按摩」とも呼ばれることもあるマッサージですが、近頃では按摩はおろか、マッサージという呼称でさえ古い呼び名になってきているのではないでしょうか。

 

それは「ボディセラピスト」というカタカナの名前が出てきたからです。按摩とかマッサージ師では呼称として特に”カッコ良さ”は感じないのですが、ボディセラピストとなると話は別です。何であれ、呼び名をカタカナに変えると、従来とはがらりとイメージが異なってくるのですが、ボディセラピストはまた格別です。聞くだけでもとてもスマートでカッコいい職業のように思えるではありませんか。

 

 

【近頃、マッサージ師をボディセラピストと呼ぶようになってきた】しかし「ボディセラピスト」がマッサージ師のこととすぐ分かる人は少ないのではないでしょうか。近頃は何かといえば古くからある日本語の職業名をカタカナに変えて表現することが多くなっています。それにしても按摩とかマッサージ師というのと「ボディセラピスト」というのでは印象が180度違ってきます。あまりの違いにこの職業に対するイメージさえ変わってきそうです。

 

ネットの「職業・職種辞典」によればボディセラピストの定義は次のようになっています。ボディセラピストとは「ボディセラピストは手のひら全体を使って優しく身体を刺激し、血流を良くして、新陳代謝をうながし、自然治癒力を向上させ、症状回復のお手伝いをする仕事です。範囲を広げていうと、整体もボディセラピストの分野です」。ボディセラピストになるには「ボディセラピスト養成スクールに通い、人体の構造や「解剖学」や「生理学」などの専門知識や施術のテクニックを学ぶ必要があります」。